お茶の子さいさい

「簡単にできる」ということを、「お茶の子さいさい」という。

語源辞典」によると、
<「お茶の子」とはお茶に添えて出される菓子のことで、簡単に食べられることから簡単にできるたとえとなった>

とありますが!

これって、英語の「A piece of cake」ってイディオムとまったく同じじゃん!
ということに初めて気づいた。
「a piece of cake」も、「ケーキを食べるくらい簡単」って意味で、「お茶の子さいさい」以上にとってもよく使われますが、単に偶然なのかしら?

日本語と英語でこれほどぴったり同じ意味の比喩はあまりないので、興奮してしまいました。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村