マラソン視聴 Binge viewing

2013-0925

Binge viewing が話題になっているようです。

テレビドラマのシリーズなどを狂ったように見続けること。
Binge watching ともいうしマラソンともいう。

昔からもちろんDVDやビデオでシリーズをまとめて見ることはあったのだけど、今は Netflix や Amazon のストリーミングがやたらに充実して来て、部屋から一歩も外に出ずに次から次へと何年分ものシリーズをまとめ見することが出来ちゃうので、とっても簡単に binge にはまってしまう人が続出。

風呂にも入らず食事もせずにまる1昼夜見続けたとかいう話をよく聞く。
そこまでじゃないけど、わたしも先週末はどこにも行かずにNetflix で Breaking Bad を午後から夜まで見続けた。

2013-0927 walt

Netflix の場合、一つエピソードを見終わると、自動的に次のが始まるしくみになっていて、トイレにも行かせてくれない勢い。シーズン1から5まで、クリックするだけで全48話が全部いつでも見られるというのは、数年前には考えられなかった夢のような話だ。以前はレンタルDVDをごっそり借りてくるか、ケーブル局の「マラソン」を見続けるしかなかったんだよね。

ニールセンによると、Netflix に加入している人の88%が「binge viewing 」をしているそうです。Binge の定義はそれぞれだろうけども。皆が一昼夜カウチマラソンをしているとは思えないので、私のようにまる半日潰すくらいの「プチビンジ視聴」が多いのじゃないかとは思う。

こういうbinge は今までのテレビのあり方をすっかり変えるだろうとも言われてて、WSJ の記事では、

Bingeing breaks habits that have long supported the TV business, built on advertising and syndicated reruns.
(こういった連続視聴は、広告収入とシンジケートからの再放送料金で成り立つテレビ局の事業をこれまで長年支えて来た視聴習慣を破るものだ)
(JOHN JURGENSEN, Wall Street Journal Online 2013年7月13日)

といっている。Netflix がテレビのビジネスモデルを破壊する、と警告している人は主にもちろんテレビ業界に多いようですね。

Binge viewer を Netflix から引きはがそうというので、Comcastもいくつかの人気シリーズを全シーズン、オンデマンドで見られるようにするという。
Netflix は、ケーブル会社にも全話見られる権利を売るならウチは今まで通りの料金は払わないよ、なんていってる。

Netflix は最近自分とこでもオリジナルのシリーズを作っていて、ケビン・スペイシーが主演した『House of Cards』はエミー賞にもノミネートされてた。
もう一つのNetflix プレゼンツシリーズ『Black is New Orange』は、この間1日1話ずつ連続の「プチ・ビンジ」で全話見ちゃったけど、かなり面白かった。

でもこういうドラマは「TVドラマ」じゃなくて何と呼んだら良いんでしょう?

「ネット配信ドラマ」?

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ